女の人

注射でアンチエイジング

レディ

成長因子を補充する

女性は40代半ば〜50代にかけて卵巣の働きが徐々に低下し、女性ホルモンの分泌量が減ってきます。すると自律神経の調節機能が衰え、不眠やイライラが起こりやすくなるとともに、肌荒れ・肩こり・抜け毛などの原因にもなります。女性だけでなく男性も、中年期以降にホルモンバランスが乱れ、こうした更年期障害を起こすことがわかっています。美容皮膚科で受けられるプラセンタ注射は、更年期障害の緩和に効果的として大阪でも人気があります。プラセンタは哺乳類の胎盤のことで、胎児の成長に必要な栄養素や成長因子を豊富に含んでいます。胎盤から抽出したエキスを注入し、老化していた細胞を活性化させるのがプラセンタ注射の狙いです。大阪では多くの美容皮膚科で、肌のハリを取り戻したり、シミやシワを取ったりする治療としてプラセンタ注射が行われています。また代謝機能を促進して体調を整えることから、大阪では内科のクリニックでも治療を受けることができます。美肌が目的なら皮膚科に、不眠や肩こりを和らげるなら内科に相談するのも良いでしょう。プラセンタと名前のついた化粧品やサプリは、大阪のドラッグストアでも市販されていますが、ウマやブタの胎盤が原料だったり、胎盤のない植物が原料だったりするのが一般的です。ヒトの胎盤が原料のプラセンタ製剤は、医療機関で処方してもらう必要があります。正規品は厚生労働省の承認を受けており、副作用も少なく安心して利用できます。

男女

安全性の高い医薬品を扱う

西新宿の皮膚科では、湿疹や水虫、ヘルペス、ニキビ、蕁麻疹などの皮膚疾患の治療を行っています。安全性が高く、副作用の少ない内服薬や外用薬の処方を行っています。一人一人の皮膚の状態に応じた治療を提案してくれます。

足

早めに皮膚科を受診したい

水虫は白癬菌が増殖すると、発症する皮膚疾患のひとつですが、再発がしやすく、大切な家族に感染させてしまう可能性があります。市販の外用薬ではなかなか改善しない場合は、皮膚科に通院をして、外用薬や内服薬を処方してもらう必要があります。自己判断はせずに、きちんと検査をしてもらいましょう。

看護師

ニキビ跡やニキビの治療

高温多湿の気候になると、水虫や爪水虫などに罹る人が増えてくるため、城東区の皮膚科で治療を受けたい人が増えています。内服薬や外用薬の処方を行っているため、根気よく続ける必要があります。城東区の皮膚科では、保険適用外の治療も行っています。